umekokko's diary

育児も仕事も大切。そんな気持ちを忘れないよう、思ったことをゆるゆる書いていきます♪

太ももなひと

私「ふうちゃん、それあーちゃんに買ってあげるの?」

ふうちゃん「えー、そんな"ふともも"じゃないから!」

 

それを言うなら太っ腹。

少し部位が違うとなんだかせくしーです。

「おかえり」って嬉しい

次女の調子が悪くてうちで仕事をしていた日。

長女が「ただいま~」と帰ってきて、

私が「おかえり~」と返すと

長女は「ふふふ」と嬉しそうに笑いました。

 

「何がそんなに嬉しいの?」と聞けば

「『ただいま』って言ってもいっつもシーンとしてるから

 『おかえり』ってへんじがあるといいねえ。

 もう一回やろうかな。」

 

こういうとき、胸がきゅんとなると同時に切なくなります。

 

こんなかわいいことを言ってくれているうちに、在宅勤務が実現しますように。

妖怪?宇宙人?

長女が変顔をしたので

「妖怪ふーちゃん星人!」

と名付けたところ、


「妖怪は日本のもの、

星人は宇宙からきたもの。

どっちなの?」


と反撃されました。


ぎゃふん。

ストレスでじんましん

蚊かダニに刺されたと思ったら急激にブツブツが広がり、、、
じんましんでした。

夫がいない、やることがいっぱい、という状況がきっちりと体にでてしまいました。

状況、というより心のバランスかな。
状況は変わらないのに夫とゆっくり話したらおさまったから。

物事の捉え方で心身への負担が変わるのでメンタルを強くしていきたいと思います。

必殺技を作る

「毎年必殺技を作りなさい!」
ある人に言われた言葉。

「必殺技を作り続ければ、必殺技×必殺技で自分にしかできないことができてくる。」

それからは「必殺技」をつくるために、仕事でも今までより一つ進んで、自分の考えを入れるようにしています。
トンチンカンなときもよくあるけれど、以外と同意してもらえることも多くて、成長率が上がっている実感があります。

「必殺技」の一言を意識するだけで、行動は変わる。


ポーズを変えるだけでも、考え方はかわるそうです。
力強いポーズを2分間作るだけで、自信を持てる。

できるフリをしていればできるようになる。

心の持ちようは大切です。

記憶はあてにならない!だから人事考課の備忘録

今日は人事考課でした。色々と気付きがあったのでメモメモ。

 

1. 考課の表は2段階上の上司を考えて書く

最近退任された役員からご指導を受けました。

「部下は100人以上いるんだから、だらだら書かれていても読まない。キーワードに丸を打ちながらざっと一読し、2回目に丸の部分だけを見て評価を決める。だからニュースの見出しのように主な成果だけを目を引くように書くんだよ。」

相手の立場になって書くことが、評価に大きく寄与します。(下手すると成果そのものより。)

 

2.何より記録

キャリアのたな卸しが一年に一回は必要!と以前に書いたけれど、思い立ったときに「業務内容と内容」についてキーワードだけ書き連ねていたことが今回非常に役立ちました。

重複していてもかまわない。記録しておくことが何よりのエビデンスになるのです。

上司に「そういえば君こんなこともやってくれてたね、ありがとう」と言われた際に「ええ、私も忘れてました」と思わず言ってしまいました。

 

3.くさらない

最近自分のやりたいことがなかなかやらせてもらえず、「評価されてないのかな」と焦っていましたが、思わぬところが高評価でした。

大したことない(と自分が思っている)作業も成果になると考えてこなせば、それもありなのかも。

単身赴任

今日から夫が単身赴任。心細いなあ、、、


夫も、会社の人たちも

「とにかく頑張り過ぎないこと」

というけれど、頑張りたい気持ちはなかなか消せないし消したくないのが問題。


「言葉で言うだけはいえるよ!」と少し気持ちが斜めになっちゃうけれど

トータルで私を見たときに、バランスが悪いからみんなが心配するのでしょう。


心配されるのではなく、

この人ならまかしてもいい

と思われるような余裕を持つことを

こころがけます。